納豆の日

7月10日は「納豆の日」です。

納豆の日は、「なっ(7)とう(10)」の語呂合わせから、

関西納豆工業共同組合が関西における納豆の消費拡大のため、

昭和56年(1981年)に関西地域限定の記念日として定めたそうですsign01

以下、納豆が私たちにもたらしてくれる効果や成分となりますhappy01

cuteビタミンE (美容・美肌・更年期・中性脂肪抑御)

cuteカリウム (美容・美肌効果・高血圧予防)

cuteポリグルタミン酸 (美容・美肌効果)

cuteビタミンB1 (中性脂肪抑制・ダイエット・疲労回復・免疫力強化)

cuteビタミンB2 (美容・美肌・整腸・ダイエット)

cuteビタミンK (骨元気・老化防止・抗潰瘍)

cute納豆菌 (美容美肌・整腸・ダイエット・風邪予防)

cuteジピコリン酸 (風邪・インフルエンザ予防・抗菌殺菌)

cuteセレン (抗酸化作用・抗ガン効果)

納豆と言うと、朝ごはんにrestaurant食べるイメージがありませんかsign02

もちろん朝食べることでも十分に効果を発揮しますが、

更に効果を出したいなら「night」がおススメだそうですhappy02

血栓は夜寝ている時にできやすいため、

夜に食べることで、寝ている時にナットウキナーゼが作用して、

血栓の予防に効果的good

皆さん、納豆を食べて今年の夏を乗り切りましょうup

食事は愛」の日米クックです。

熱中症対策について

7月に入りましたsign03 また、暑い夏が始まりますwave

今年は暑い期間が長いと言われていますsun

暑くなってくると、心配されるのが熱中症です。

身体が暑さに慣れていないのに温度が急上昇する、

初夏、梅雨明けは特に危険です。

みなさん、熱中症対策はどうされていますかsign02

よく言われるのが、『水分・塩分の補給』『睡眠sleepy』です。

☆水分・塩分補給☆

のどがかわいていなくてもこまめな水分補給が大切です。

大量の汗をかくと体内の水分とともに塩分やミネラルまで奪われてしまうので、

水分だけではなく、塩分も補給しましょう。

スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、

汗で失われた塩分の補給にもつながるのでオススメですhappy01

☆睡眠☆

昔と違い、熱帯夜が続き、睡眠不足になりがちです。

エアコンや扇風機を適度に使い、睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぎ、

ぐっすり寝て、体調を整えましょうshine

食事は愛」の日米クックです。

一年の折り返し地点

6月というと、みなさんはどんなイメージがありますか?

梅雨のじめじめ、ゴールデンウィークが終わり、大したイベントもなく、

休みもない地味なイメージが私にはありましたrain

しかし、今まさに一年のちょうど半分、折り返し地点ですupdown

日本の暦を振り返って、かつて多くの人が農を営んでいた頃は

田植えも終え、様々な作物の植え付けも一通り落ち着く、

そんな区切りの時であり、半年間の穢れを祓い清め夏を

無事に過ごせるように祈る行事も多かったみたいです。

そのうちの一つ、

夏越の祓(6月30日ごろ)

半年分の穢れを落とす行事で、この後の半年の健康と厄除けを祈願し、

日本各地の神社で行われる行事があります。

冷蔵庫も冷房もない時代、暑い季節で体力を消耗するのを防ぐため、

甘いお菓子を食べてエネルギーを付けて厄払いをしていたそうです。

京都にはこの日に食べる伝統的な和菓子があります。

【水無月】と呼ばれ、ういろうの上に邪気を払うあずきがのった

三角形のお菓子で、三角形は削りたての氷を表しています。

今年前半を無事に過ごせたことに感謝しながら、水無月を食べて

季節の風情を楽しんでみてもいいですねsun

食事は愛」の日米クックです。

父の日

6月の第3日曜日は父の日ですdiamond

母の日はカーネーションをというのはよく知られていますよねconfident

では、父の日は??

アメリカのドット夫人が母の日にならって、父親に感謝するために

白いバラを送ったことから父の日は「バラ」となっているようです。

存命する父親には赤を、亡くなった父親には白を贈るといわれていますflair

あれ??「黄色いバラ」じゃないの?と思われる方もいるかもしれません。

父の日黄色いリボンキャンペーンでは幸せの象徴である「黄色」を

父の日のイメージカラーにしているため、黄色のバラを贈る習慣が

定着したようですclover

Image007

生姜の日

みなさん、こんにちはsign01

梅雨のはじめ、いかがお過ごしでしょうかwink

夏の太陽が待ち遠しい方、そうでない方いらっしゃいますよねgood

そんなさなか、6月15日は【生姜の日】ですsign03

生姜の研究や商品開発を行っている株式会社永谷園が制定しましたhappy01

毎年この日に生姜の古名である「薑(はじかみ)」を名乗る

石川県の「波自加弥(はじかみ)神社」で、生姜を祀る

「はじかみ大祭」が行われているそうですnote

奈良時代、何カ月も雨が降らないことがあり困っていたところ、

たまたま自生する生姜を見つけ、感謝の祭りを行ったのが、

6月15日だったとのことですsign01

豊かな風味で愛される生姜に、こんな物語があったのですねhappy01

食事は愛」の日米クックです。

プロフィール

日米クックの栄養士による、食に関するお役立ち情報、レシピ等をお届けするブログです。旬な情報が満載です!